Event is FINISHED

\満員御礼/新しい学びにどう取り組み、広げるか? ~チームとしての学校の在り方~

Description
\新しい学びをどう取り組み、広げるか?~チームとしての学校の在り方~/

教育指導要領の改訂、入試改革、働き方改革など学校教育を取り巻く環境に変化の波が押し寄せています。
一つ一つの取り組みを意義深いものにし、かつ、全てを同時に取り組んでいきたい。
そのためには、個々の先生が頑張るだけではなく、学校全体でチームになって取り組んでいく必要があると
感じている先生方も多いのではないでしょうか。

より良い学び、より良い学校づくりをしたいと考える先生方と一緒に、
学校というチームについて考える時間を設けませんか?
チームをつくる上で役立つスキルも体感しながら学ぶことができる1日です。

【スケジュール】
9:40      受付開始
10:00~12:00 オープニング&<プログラム①>
現役の先生による新しい学びの取り組みと学校というチームについて
ゲスト:ドルトン東京学園教員 伊東佳奈美さん
    公立小学校教員 二川佳祐さん           
12:00~12:20 cokowillからのお知らせ
12:20~13:30 ランチ休憩
13:30~15:00 <プログラム②>
チームとしての学校になるために必要なことは?
ゲスト:かえつ有明中・高等学校 副教頭 佐野和之さん
東京大学大学院 教育学研究科 学校教育高度化専攻
教職開発コース 金井達亮さん
オーセンティックワークス株式会社代表取締役 中土井僚さん(「U理論」共著者)
15:00~15:20  休憩
15:20~17:20  <プログラム③>
真の変化を創り出すための「システム思考ワークショップ」
ファシリテーター:福谷 彰鴻さん
17:20~17:40 クロージング
17:40~18:30  交流会

※注意事項※
・当日までにプログラムの変更が行われる場合がございますがご了承ください。
・チケット購入後のキャンセルは受け付けておりません。参加できなくなってしまった場合は譲渡の対応をお願いいたします。
・ランチはチケット代に含まれていません。IIDの中にあるカフェや近隣の飲食店のご利用もしくは、持参をお願いいたします。
・交流会ではソフトドリンクをご用意する予定です。

【会場】
IID 世田谷ものづくり学校 2-A教室(3階にあります)

【各プログラムのゲスト&講師】
<プログラム①>
お二人の先生にお話をしていただきます。

ドルトン東京学園教員 伊東佳奈美さん

福岡県の私立中高一貫校および私大工学部教員(物理)、データ解析システムベンダーへの転職を経て、2017年ドルトンスクール開校準備室に入職。現在は4月に開校したドルトン東京学園で、図書主任および理科(物理)教員として、すべてが初めての学校づくりに毎日格闘中。 2人の子どもの母。ギークな子どもたちが寄ってくるタイプ。 趣味で、当事者研究という対話を用いたミートアップを5年ほど主催。


公立小学校教員 二川佳祐さん


小学校教員。「大人が学びを楽しめば子供も学びを楽しむ」ことをモットーに学び場を運営。妻と娘をこよなく愛し「ファミリーファースト」を掲げる二児のパパ。33歳。

<プログラム②>
新しい学びを学内で広げてきた実践者であり、チームとしての学校のあり方、
チーム造りのチャレンジを続けているお二人にお話を聞かせていただき、U理論の専門家である中土井さんに解説を加えていただきます。

かえつ有明中・高等学校 副教頭 佐野和之さん

かえつ有明中・高等学校 副教頭 埼玉県私立高校での勤務を経て、2014年同校で「学ぶことの喜び」を追究する新クラスの立ち上げに関わる。中学の「サイエンス科」では「スパイダーウェブ討論」や「リアルな社会との接続」など、高校の「プロジェクト科」では「NVC(共感的コミュニケーション)」や「パターンランゲージ」などをベースとした深い対話的な場を展開する中心的な役割を果たす。また、U理論、マインドフルネス、意識の発達段階などにも造詣が深く、さまざまな視点から教育のあり方を模索し、先進的に実践している。 NVCやパターンランゲージを使った個人のあり方や安心安全の場づくりなどの研修依頼が全国の学校から寄せられている。

東京大学大学院 教育学研究科 学校教育高度化専攻 教職開発コース 金井達亮さん

埼玉県の私立中高一貫校を経て、かえつ有明中学高等学校に赴任。同校で同僚とともに、高等部の「プロジェクト科」「社会総合」の授業をゼロからつくりあげた。また、教育活動のコツを言語化した「パターンラーンゲージ」の作成、アクティブラーニング入試の開発など、創造的な教師チームの中心的な役割を担った。学校内外でNVC(Nonviolent Communication)をベースにした共感的コミュニケーション、チームビルディング,パターンランゲージ、マインドフルネス、SDGs 2030などの講演および研修講師をしている。
2018年に退職し、東京大学大学院教育学研究科に進学。研究分野は教師教育。

オーセンティックワークス株式会社代表取締役 中土井 僚さん

社団法人プレゼンシング・インスティチュート・コミュニティジャパン理事
特定非営利活動法人日本紛争予防センター理事

リーダーシッププロデューサー、組織変革ファシリテーター。自分らしさとリーダーシップの統合と、コ・クリエーションの実現をテーマに、U理論、成人発達理論をベースとしたマインドセット転換による人と組織の永続的な行動変容を支援する。
大学卒業後、アンダーセンコンサルティング(現:アクセンチュア)に入社し、コンサルタントとして、ITを活用した業務プロセス改革や顧客戦略プロジェクトなどの組織・人材設計を行う。情報システムによる業務効率化だけでは解決しえない人と組織の課題に取り組むべく、組織・人材開発業界に転身。2005年よりマサチューセッツ工科大学上級講師であるオットー・シャーマー博士の提唱するU理論における啓蒙と実績に携わり、現在に至る。
著書に「U理論入門」、「マンガでやさしくわかるU理論」、共訳書に「U理論」、「出現する未来から導く」、監訳に「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」などがある。

<プログラム③>
福谷 彰鴻さん

国内ベンチャー経営企画、米国ヘルスケア企業マーケティング部門等を経て、米国SoL(組織学習協会)にてピーター・センゲの各種ワークショップの運営をサポート。以来約10年にわたってセンゲに師事しメンタリングを受けている。
2018年より有志の企画メンバーと共に「学習する学校」Labを運営。学習する組織やシステム思考のツールの教育分野への普及に取り組む。クマヒラセキュリティ財団システム思考教育アドバイザー、SoLジャパン世話人等を務め、中学高校や大学での教員・生徒向けシステム思考の導入支援を行っている。

<全体ファシリテーター>
cokowill代表 寒川 英里


cokowill副代表 秋元 有紀
Updates
  • タイトル は \満員御礼/新しい学びにどう取り組み、広げるか? ~チームとしての学校の在り方~ に変更されました。 Orig#478659 2019-10-02 03:01:18
More updates
Sun Oct 6, 2019
10:00 AM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
※早割り※1日参加チケット(先生用) SOLD OUT ¥4,500
※早割り※1日参加チケット(先生以外の方用) SOLD OUT ¥4,500
1日参加チケット(先生以外の方用) SOLD OUT ¥5,500
1日参加学生チケット(教員免許取得予定の方向け) SOLD OUT ¥3,500
プログラム①のみ参加チケット SOLD OUT ¥2,000
プログラム②のみ参加チケット SOLD OUT ¥2,500
プログラム③のみ参加チケット SOLD OUT ¥3,000
ボランティア学生チケット(教員免許取得予定の方向け) FULL
Venue Address
世田谷区池尻2丁目4−5 Japan
Organizer
cokowill-自分らしく働き、自分らしく生きたい人のふみだす一歩を共にする-
511 Followers